アップルスナック

English日本語お問い合わせ

  • 買い物カゴを見る
  • マイページ
  • 新規会員登録

美味しいりんごの見分け方

美味しいりんごの見分け方

おいしいアップルスナックは おいしいりんごから

アップルスナックの原料となる、それらのりんごの品質を私たちは日々チェックしています。

何と言っても、生で食べておいしいりんごを使う事が、やはりおいしいスナックを作る一番大きな要素だからです。

おいしいアップルスナックの原料となるりんごたち

ジョナゴールド ゴールデンデリシャスと紅玉をかけあわせたりんごです。 昭和45年に秋田県果樹試験場がアメリカより導入。 10月中~下旬に収穫され、大きさ250~350g、円形~長円形で橙紅色。 「紅玉」より酸味弱く、食味は良好。「紅玉」に代わって生産が増えています。 果面に脂質が出やすい品種です。
現在、赤袋・赤箱に使われています。
王林 ゴールデンデリシャス×印度のかけあわせで出来たりんごです。 福島県伊達郡桑折町の故大槻只之助氏により育成され、昭和27年に「王林」と命名されました。肉質は緻密で多汁、酸は少なく甘味が強くて芳香があり、特有の風味があります。
現在、緑袋・緑平箱に使われています。
陸奥(むつ) ゴールデンデリシャスとインドをかけあわせたりんごです。 青森県りんご試験場が育成し、昭和24年種苗登録されました。 木になったりんごに袋をかけ育てる、いわゆる有袋栽培。 外皮はかける袋によってピンクから濃紅色となります。実は黄白色で多汁、やや酸味があり、 加工適性高い品種です。
赤袋・赤平箱に使います。
サン陸奥 昭和5年に青森県りんご試験場が育成。 10月中~下旬に収穫、大きさ400~450g。 円形で無袋栽培のものは黄緑色~緑色。 肉質は粗雑であるが芳香あり、甘ずっぱい味。 見た目より味で勝負の自家消費型のりんごです。
緑袋・ 緑平箱に使います。
ふじ デリシャス×国光を交配し育成されました。大きさは300~400gで、果肉は甘味が強く歯ごたえも良く日持ちもします。生産量は、日本においてダントツの第一位で、わが国りんごのスーパースターです。名前の由来は育成地である青森県藤崎(ふじさき)と富士山にちなんでとされています。
トキ 大きさは450~500gで、果肉は淡い黄色、果汁が多く、甘酸適和で、香り、歯ざわり、口当たりも良好。王林×ふじを交配したのではないかとされています。果肉は酸味よりも甘味が突出しており、果汁も豊富で、りんご特有の甘酸っぱい香りがとりわけ強いのも特徴です。
早生ふじ 早生ふじとは、本当の『ふじ』より早く成熟するふじの枝変わり品種を 総称してこう呼びます。果肉はやっぱり「ふじj に似ていて、甘みの中に酸味が バランスよく入った絶妙な味わいのりんごです。
あかね 紅玉とウースターペアメンを交配し育成されました。収穫期は9月前半で大きさは200~250gのものが多い。果肉は白く硬めで食味はやや酸味が強く、少し淡白な感じです。鮮やかで光沢が強く、熟度が進むと濃い暗紅色になるりんごです。
サン津軽 ゴールデンデリシャス×不明を交配し育成されました。大きさは250~300gで果肉はサクッとした歯ごたえ十分な食感で果汁が豊富です。この「つがる」に袋をかけず、太陽の光をいっぱい浴びて育てたのが9月中旬に収穫する、早生の代表品種「サンつがる」です。
黄王 王林×はつあきを交配し育成されました。黄色いりんごであることから 「黄色い王様」をイメージした岩手県オリジナル品種。大きさは300~400g、果肉は白色~黄白色、酸味があまり強くなく甘さを特に強く感じます。風味がよく、多汁で口当たりがよいりんごです。
紅玉 収穫期は10月上旬~中旬です。名前の通り艶やかな深紅のりんごで、やや小玉です。果肉はきめ細かく、酸の効いた甘味、さわやかな芳香、多汁な口当たりです。 焼菓子(アップルパイ)などへの加工用途に用いられることが多いりんごです。
未希ライフ 青森県弘前市石川の品種で、千秋×つがるを交配したもので収穫期は8月下旬からです。大きさは240~280gで、果肉の硬さは中程度で果汁が多くさっぱりした味で甘味と酸味がしっかりした比絞的小ぶりのりんごです。
さんさ ガラ×あかねを交配し育成されました。早生品種で、夏の終わり頃から収穫が始まります。大きさは200~250gほどで、果肉は果汁が多く、酸味も甘味もきいたりんごです。

おいしいりんごはこうして見分けます

■りんごの色
色の良くついたものほど甘味が強く、味も濃い。しかし、袋をかけて作ったりんご(有袋栽培)は見た目は良いが、甘味が劣る。色が鮮やかでなくても無袋栽培のりんごがうまい。
■かおり
りんごのかおりの成分は、アルコール類(92%)、エステル類(2%)カルボニル(6%)、酸類(微量)である。 よく熟したものほど、特有のよいかおりを出すのでにおいをかいでみる。
■大きさと形
大きすぎるものは大味であり、小さすぎるものは未熟だったり甘味の足りない事がある。形は整ったものの方が味にばらつきがない。
■重さ
同じ大きさでも、しっとりと重いりんごほど熟したものが多い。
■ツル
ツルがみずみずしいのは新鮮であり、シナビているのは鮮度が落ちている。

りんごの栄養と蜜リンゴ

■水分
約85%から86%である
■炭水化物
糖分は、主だったりんごの場合、たいてい13%から15%である。でん粉は未熟なりんごにあり、熟してくると糖に分解する。未熟なりんごの渋味は主にこのでん粉による。
■ビタミン
ビタミンCは果肉100g中に約10mg含まれている。また、果肉よりも果皮に多く、有袋栽培のものより無袋栽培のものの方が多く、色づきの悪い物より色づきの良い物の方に多い。
■蜜リンゴ

ソルビトール(糖の一種)が大量にりんごに運ばれると、その果実の維管束(水や栄養の流れる通路)からソルビトールがあふれ、いつもは空気の詰っている細胞と細胞の間の隙間に、たまった状態が蜜りんごである。食べると大変おいしいが、日持ちがしないのが欠点でもある。

 

【参考文献】 財団法人 青森県りんご協会 発行 “りんごの味と健康”及び “リンゴ 日本と世界の品種”